今年の干支は丑

新年あけましておめでとうございます。

2021年も無事に明けました。

本年も虎渓三笑タイガースを宜しくお願い致します。

さて、今年の干支は丑年ですが特徴はどのように

なっているのでしょうか。

丑の特徴

丑の特徴は「粘り強さと誠実さ」です。

牛は古くから酪農や農業で人々を助けてきた

生き物であり、大変な農作業も最後まで

地道ながらも手伝ってくれた。

そのことから粘り強さや誠実が特徴とされるように

なりました。

大阪近鉄バファローズ

今年の干支は丑という事から牛と言えばバファローズ。

その昔、大阪に近鉄バファローズという球団がありました。

設立は1949年 近畿日本鉄道をスポンサーとする”近鉄パールス”

(近鉄沿線の伊勢志摩地方で真珠の養殖が盛んだったため)が結成され

1959年に千葉茂監督を招聘し

岡本太郎氏による球団マークが制作され

近鉄バファローとなるが とにかく弱い球団で

万年最下位のBクラス常連。

勝率.238で西鉄の稲尾和久が最多勝で

33勝を個人でマークしたのだが近鉄はチームとしても

シーズン29勝しか出来ないほどの低迷ぶり。

1960年も43勝87敗1分けで首位の大毎とは39ゲーム差の最下位。

1961年にはプロ野球シーズン最多記録の103敗を記録している。

近鉄バファローズ誕生

1962年には近鉄バファローズに改名。

そしてジャック・ブルームフィールドが打率.374で首位打者を獲得。

ブルーム

久保征弘投手が28勝で最多勝を取るもチーム自体で57勝なので

あっさりと5年連続最下位に。

ちなみにこの年に土井正博さんが18歳で4番を打っている。

土井正博

闘将 西本幸雄 監督時代

1974年 監督に就任した監督に就任した西本監督は

羽田耕一・栗橋茂・佐々木恭介・平野光泰・梨田昌崇など

若手を徹底的に鍛え上げてオフには主砲であった土井正博を

太平洋クラブライオンズへトレード放出するも5位に終わる。

西本幸雄

1975年 ついにペナントレース後期優勝。

この時期パ・リーグは2期制度であったため

プレーオフで前期優勝の阪急と対決するも

1勝3敗で敗れる。

後楽園10.7と川崎球場10.19

度たび近鉄バファローズというチームは

数年に一度ドラマチックなペナントレースを演じることがある。

1980年の後楽園決戦と1988年10.19川崎球場だ。

1980年10月7日に行われた後楽園球場における

日本ハムと近鉄の後期最終戦。

この試合は開始30分前に満員札止めとなった。

日本ハムはこの試合で引き分けでも後期優勝が決まるが、

近鉄が優勝するにはこの試合に勝ち、

対西武戦も連勝する必要があるという

日本ハムに非常に有利な試合であった。

しかしこの試合を近鉄は6-5で辛勝し

8日、11日の西武ライオンズ戦に連勝。

ついに逆転優勝を果たす。

プレーオフでロッテに3勝0敗でリーグ優勝を果たすも

日本シリーズでは前年の対戦相手である広島カープに

またしても敗れるのである。

1980日本シリーズ

そして時は流れ1988年近鉄は仰木監督を迎え

終盤に前年までリーグ3連覇中の西武と熾烈な

優勝争いを繰り広げることとなった。

開幕から西武が独走、

6月に入ると貯金20で2位近鉄は8ゲームをつけられ、

優勝は絶望的かと思われたが

6月28日に中日ドラゴンズのファームに在籍していた

ラルフ・ブライアントを金銭トレードで獲得すると

ブライアント

本塁打を量産。74試合で34本塁打を放ち西武追撃の立役者となる

9月に入っても西武が独走状態は続き、

15日の時点では西武に6ゲーム差をつけられるが

西武が一時後退して29日の時点では1.5ゲーム差。

10月に入り5日にはゲーム差無しで一時近鉄が首位に立つなど、

以降シーズン終了まで、首位の西武と近鉄が

ともに譲らずハイペースで勝ち続けるという展開となり、

10月16日に西武が全日程を終了した時点では、

近鉄は残り4試合のうち3勝すれば優勝だったが、

17日の対阪急戦に敗れ、

残り3戦を3勝が優勝の絶対条件となり、

川崎球場へ移動しての18日の対ロッテ戦に勝利し、

10月19日のロッテとのダブルヘッダーでは

第1試合を9回に逆転勝利するが、

第2試合延長10回時間切れで4対4の引き分けに終わり、

130試合目にして優勝を逃す結果となった。

10.19川崎決戦

2001年~2004年

2001年は またしても猛牛軍団はドラマチックな野球をした

この年は中村紀洋選手とタフィー・ローズ選手が打線を牽引

9月24日の対西武戦ではローズが当時の本塁打シーズン

日本プロ野球タイ記録となる55号本塁打を達成し、

試合も9回裏松坂大輔から中村紀洋のサヨナラ2ラン本塁打で勝利し、

優勝マジックを1とした。

9月26日対オリックス戦(大阪ドーム)で2対5とリードされた9回裏、

無死満塁から代打北川博敏が日本プロ野球初となる

「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打」で

12年ぶり4度目のパ・リーグ優勝を決めている。

代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン

おそらくこのような勝ち方は近鉄というチーム以外には

できないだろうし、今後も起こりえない試合であろう。

そして数々の記憶と記録を刻んだ近鉄球団も

その歴史に幕を下ろす時が来る。

2004年「球団合併」の波が近鉄を包んだのだ。

近鉄本体の経営も苦しく、球団経営は多額の赤字を

毎年計上していた。

オリックスとの合併を前提に話が進んでいたが

6月30日にライブドアが突如

球団買収に名乗りを出たものの近鉄は応じなかった。

最終的には近鉄の選手は新規参入球団である楽天と

オリックスに振り分けられ12球団を維持することが

できたがこの年の近鉄の合併問題は球界の選手会と労使交渉や

球界再編問題にまで発展し大きな問題提起を残す結果となった。

パ・リーグ新時代へ

しかしこの近鉄の合併消滅問題はそれ以降のパ・リーグ各チームへ

大きなシフト転換を進めるきっかけにもなった。

ソフトバンクホークス(当時のダイエーホークス)は1988年から

福岡へ移転し地域に根差した球団経営をしていたのを皮切りに

日本ハムファイターズが北海道へ移転。

そしてロッテ・西武もそれぞれ「千葉ロッテマリーンズ」

「埼玉西武ライオンズ」と地域名を前面に押し出し

ファンサービスからマーケティング戦略までパの6球団は

2004年以前よりも格段に球団経営において収益化を改善していった。

まとめ

少し近鉄球団の思い出にウエイトを置きすぎましたが

牛は昔から食料としてだけでなく、

農作業や物を運ぶときの労働力として、

人間の生活に欠かせない動物でした。

勤勉によく働く姿が「誠実さ」を象徴し、

身近にいる縁起の良い動物として十二支に加えられたようです。

また「紐」という漢字に「丑」の字が使われおり、

「結ぶ」や「つかむ」などの意味を込めたとも

考えられています。

牛は先を急がず一歩一歩進む動物です。

昨年の子の年に蒔いた種が目を出して成長する

年とも位置付けられています。

今年も皆様にとって実りのある一年で

ありますように祈念しています。

にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

令和3年 元旦 虎渓三笑タイガースTV

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。