それゆけ!スカウティングレポート2021

首都大学リーグ 左腕編

首都大学リーグは強豪校である東海大学を筆頭に

日本体育大学などが属するリーグで

阪神タイガース青柳投手も帝京大学にてこのリーグで

投げていた。

先日は筑波大学の佐藤隼輔投手について触れてきたが、

この首都大学リーグにはまだまだ良いサウスポーがいるので

書いていきたいと思います。

鳥谷部慎吾

日本体育大学 178センチ81㌔ 左投左打 青森県出身で

最速143㌔のストレートを持つ力投型サウスポー

ノーワインドアップからねゆっくりしたフォームで投げ込むピッチャーです

弘前東高校から本格的にピッチャーに転向した選手で甲子園出場はありませんが

3年夏の青森県大会では初戦の六戸(ろくのへ)高校戦で

14奪三振 1失点の完投勝利を収めています。

鳥谷部投手、全国的な知名度はありませんが最速143キロのストレートに

スライダー・カーブを投げまして左腕が

遅れて出てくるためにバッターからすると

非常に球の出所が見えにくピッチャーなだけに

制球力さえ整えば非常にいい投手だと思います。

ピンチになっても動じないですし、ストレートと落差のあるカーブボールだけでも

短いイニングならね投げられると思います。

いかんせん大きな大会とかで投げていませんから、

全国レベルで見てどうかというところは分かりません。

球速が140㌔の後半になってくると、もう大学生では打てるレベルの投手では

なくなってきます。

この冬を越して2021年に飛躍する可能性がある投手ですので

鳥谷部投手の今後の活躍にも注目していきたいと思います。

安里海

そして3人目は東海大学の安里海(あさとうみ)投手です。

1999年7月21日生まれ 左投左打

沖縄県出身のサウスポーで小学2年から美東(びとう)ドラゴンズに入り

キャプテンを務め中学では軟式野球部に所属。

3年夏の沖縄県中学野球大会決勝で完封勝利を果たし6年ぶり3度目の優勝を達成。

東海大相模高校へ進み1年秋から公式戦デビューします。

2016年7月25日 2年生の安里投手は夏の神奈川予選5回戦で厚木高校との試合で

先発するも4イニング4安打2失点とマウンドを先輩に譲ります。

試合は東海大相模の大勝で勝ち進みましたが門馬監督も

「安里は良くも悪くも無かった。

これまであまり経験を積ませることができなかったので」と

安里投手の力投を評価します。

2年生秋の県大会からエースとしてマウンドに立ち

2回戦の川和高校戦で完投勝利 4回戦の桐光戦では惜しくも完投負け

この大会の後に ひじ痛で腕の位置を少し下げたフォームに変更します。

最速145㌔のストレートにスライダー・ツーシーム・フォークを投げます。

投球フォームは右手をキャッチャーのほうへ向けながら背中を丸めて

タメを作り、重心の下がり具合とかは阪神の岩田稔投手のような感じです。

東海大学進学後は主に目立った成績や登板はありませんが、球の質とキレを

高く評価されている投手で典型的なスライダーピッチャーです。

左投手が補強ポイントのチームは、上位で指名されることは難しいかもしれません。

要チェックですね.

にほんブログ村 野球ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。