セリーグ期待の若手選手 2021~蛯名達夫~DeNAベイスターズ

蝦名達夫 外野手 DeNAベイスターズ

青森商業高校時代は1年からショートでレギュラー。

甲子園出場はありませんが、対外試合で通算31本塁打をマーク。

青森大学進学後は1年秋から4番一塁手として

打率.382 リーグトップの打点9を記録して

ベストナインにも選ばれます。

その後、外野に転向すると4年春のリーグ戦で

10試合 打率.378 本塁打3 打点7と爆発し

最多本塁打を獲得。

秋には打率.406で首位打者にも輝きました。


DeNAは昨年 筒香選手が抜けたあと、佐野選手が一年間通じて、

4番を打ち、筒香選手の穴を埋めるどころか

佐野選手がセリーグの首位打者となる。


佐野恵太

106試合 打率.328 本塁打20 打点69

打席451 打数402 安打132 四球42

三振58 併殺打13 長打率.532


DeNAの外野陣は梶谷選手が抜けたとはいえ

佐野恵太・オースティン・それに神里選手もいるので

そう簡単にはレギュラーポジションを

取ることはできないだろうが

まずは代打や途中出場から少しづつ打ちまくり

将来的には

クリーンアップを打てる打者になって欲しい。

高校時代はサードを守ったこともあり、

大学時代は一塁の守備経験もあるので

宮崎選手の不調時にサードに入ることも可能だ。

ファーストをソト選手が守るとしたら、

守備固めで蛯名選手が出場することもできる。

内野も外野も守れるとなるとベイスターズも

一気に選手起用にバリエーションが増える。

出場機会が増えて二桁本塁打も期待できるかもしれません。

阪神戦でプロ入り1号本塁打

2020年は同期入団の新人選手から、左投手の坂本裕哉と

共に春季キャンプを一軍でスタートする。

しかし、キャンプの序盤に左第4指の中節骨を骨折して

二軍での調整を余儀なくされた。

オープン戦には出場できなかったが6月上旬に組まれた

練習試合から一軍へ再合流。

練習試合では9打数無安打ながらも

「(プレーに)何か光るものを感じた」と

ラミレス監督の評価は高く、新人野手としては

唯一の開幕一軍入りを果たす。

開幕2カード目の横浜スタジアムで

ドラゴンズ戦に代打出場するも凡打に終わり

一度登録を抹消される。

イースタンリーグで4試合連続本塁打を記録するなど

9月8日に一軍再登録されると、同日の阪神戦で

8番ライトでスタメン出場。

2日後の9月10日の阪神戦で4回裏1死から代打起用されると

バックスクリーン直撃のソロアーチを記録した。

将来的にはセンターの位置も狙える

身長が185センチもありながら

50メートル走は6秒と俊足で

遠投は120mの強肩の持ち主だ。

1980年代から90年代にかけて

西武ライオンズの黄金期に3番センターで

レギュラーに定着した秋山幸二さんを

彷彿とさせる、その身体能力は

ベイスターズの歴史を塗り替えるかもしれない。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。