セリーグ期待の若手選手2021~榮枝裕貴~阪神

梅野捕手の後継者を

現在の阪神の正捕手は梅野隆太郎選手だが

キャッチャーというポジションはレギュラーに

定着するまでに多くの実戦経験を擁するために

早めに次世代を育成しなければならない。

その第一候補が

阪神ドラフト4位指名されました立命館大学の榮枝裕貴選手です

榮枝裕貴捕手

1998年5月16日生まれ 高知県高知市出身

179センチ79㌔ 右投げ右打ち 

高知市立朝倉小学校で1年生から「朝倉スワローズ」に入団し

野球を始めます。主に捕手を務め6年生の時に全国大会で準優勝

高知中学時代は軟式野球部に所属し全国優勝を経験します。

高知高校では1年秋からベンチに入り4番捕手としてチームを牽引

高校2年夏の県大会では明徳義塾に敗れ準優勝

3年春の四国大会では優勝しますが夏の県大会では

準々決勝で中村高校に敗れてベスト8に終わりました。

立命館大学時代

大学3年間は控え捕手でしたが

通算40打数16安打打率.400を記録します。

4年生から正捕手になり

8月22日に行われた立命館大学と日本生命の試合では

日本生命が4回盗塁を仕掛けたんですが、

完全にモーションを盗まれた二塁盗塁以外は

全部刺してましたから、かなりの強肩なんですね。

そして送球の正確さがいいですね。

肩が強いだけでは社会人強豪チーム

日本生命の選手相手ですからなかなか盗塁を

刺すことは難しいですから。

今は梅野捕手がレギュラーでいますので

即レギュラーというのは

難しいですが後継者として榮枝選手には

なるべくたくさんの経験を積んでもらって

正捕手としてホームベースを守ってほしいと思います。


立命館大学では3学年上にDeNA東克樹投手 

2学年上に辰巳涼介 

1学年上に坂本裕哉投手がいる。

契約金5000万円 年俸800万 背番号は39

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

虎渓三笑タイガースTV - にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。