阪神2021春季キャンプ超弾道!おそるべし佐藤輝明

驚異の弾道の高さ

「あれだけの高さのある打球ってね。

あんまりプロの中でもそんなに(飛ばせる選手が)

多くない高さで飛ばせる、

というのはすごく大きな魅力。

振る力というのはプロの中で十二分に

通用していくものがあるなというのは

初日だけでも確認できた」

矢野監督もその打球の質に評価をした。

阪神ドラフト1位の近畿大学

佐藤輝明選手がキャンプ初日の

フリー打撃でスラッガーとしての

片鱗を披露。

89スイング中柵越え9発ではあったが

指揮官の眼には、その弾道の高さに注目が集まった。

非常に滞空時間の長い打球で

なかなか落ちてこない。

この日最長になるバックスクリーン中間付近の

推定135m弾に逆方向への左翼へ2発と

そのポテンシャルには誰の目から見ても

ただものではないというのが分かった。

厳しい自己評価

「まだ全然完璧じゃないですけど、

実戦も早く始まると思うので。

しっかり調整してやっていきたいと思います」

佐藤輝明選手の中では、まだまだ納得は出来ていない。

詰まった打球も多く、力みからくるスイング軌道の

アジャストメントはこれから必要。

しかし、大卒のルーキーが残すコメントとは

思えないほどの風格さえ漂う。

守備位置について

シートノックではレフトと三塁に就いた。

ファーストミットも用意しており、3種類のグラブで

挑む今キャンプ。

「どこを任されるかまだ分からないんで。

どこで行くぞといわれても準備できているように

しっかりやっていきたい」。

特守では筒井外野守備走塁兼分析担当コーチから、

ゴロ捕球後の送球動作について密着指導を受け

「どんどん吸収してうまくなっていきたい」と力を込めた。

サンズ選手やロハス選手、そしてマルテ選手もいる中での

ポジション競争。サードには不動の4番、大山がいる。

まずは試合に出場しないことには打席にも立てない。

あくまでもどん欲に守備位置獲得を狙いに行く。

各球団スコアラーも警戒

▼中日金子丈スコアラー 

大学の試合でも見ているけど、

実際に見てすごいスイング。

逆方向にも簡単に入るし、モノとしてはすごい。

プロとアマとでは打撃投手でも違うが、

そんな違いを感じさせないし、

しっかり振れていた。

 ▼DeNA有働克也スコアラー 

まだ初日なんでなんとも言えないですが、

すごいですね。

天性のものがあると思います。

飛距離はすごいです。

いいパワーしてます。

選球眼も良さそうですし、

あとは実戦でどうかっていうところ。


もちろん初日のフリー打撃のみでは全ては

分からないが、とにかく「打球を遠くへ飛ばす」能力は

やはりずば抜けていることは明確だ。

今年の阪神はもしかしたら佐藤輝明選手が

チーム内のポジション争いをかき回すかもしれない。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。