それゆけ!スカウティングレポート2021 ~山下輝 投手~

山下輝(やましたひかる)投手 

1999年9月12日生まれ

左投左打 188センチ 95㌔ 千葉県出身

岩根小学校3年から野球をはじめ

岩根西中学時代には軟式野球部に所属。

生まれ変われるなら高校時代の先輩にもあたる

早稲田大学の早川投手みたいになりたいと

語っていますが、この山下投手、それ以上の

ポテンシャルを持ち合わせた

大学生の中でもトップレベルのサウスポーです。

木更津総合高校では初めはファーストを守っていまして

1年生秋の2015年関東大会で

茨城の常総学院を延長の末8-7と競り勝ち優勝します。

2年生の春夏と連続して甲子園に出場し5番一塁でスタメン出場

甲子園では18打数5安打 .278 打点1を記録します。

3年生ではエースとして夏の甲子園に出場しますが

初戦の日本航空石川に

14安打を打たれて自責点6と敗戦してしまします。

3年生9月の国際大会には侍ジャパンとして出場しキューバ相手に

6回途中2失点と粘りの投球を見せます。


法政大学では2020年秋のリーグで主にリリーフとして登板

4試合で6イニング防御率は1.50と安定した投球を見せました。

最速151㌔のストレートにスライダー・カット・カーブを投げます。

この山下投手、正直ドラフト1位候補と言ってもいいでしょう。

その理由としては3つありまして

まず一つ目は

①体格がしっかりと出来上がっている。

②常時150キロを超すストレート

③テイクバックが小さく打者は球の出ところが見え辛い

この3点なんですね

山下投手、木更津高校時代から

太もも周りもかなり高校生の中では大きめでしたが

法政大学進学後、もう一回り大きくなったような感じがします。

もともと大型サウスポーとして注目されていましたが

もうすでに下半身は

プロの選手並みの筋肉がついていると思います。

社会人チームの日通との対戦マウンドでも

日通の選手と体格ほぼ互角か

それ以上でしたから、しっかりと走りこまれたであろう

下半身の強さが投球にも現れています。

そして小さめのテイクバックから繰り出される

150㌔のストレートは圧巻で

リリースの多少ばらつきはあるものの

完成度が高い大型サウスポーですから

各球団絶対欲しいピッチャーのうちの一人ですから

重複1位指名、もしくは外れ1位指名で

名前は消えるであろう逸材ですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。