阪神タイガース紅白戦で課題露出

中野拓夢選手の送球ミス

阪神課題の守備に関するミスが出た紅白戦。

しかも期待のルーキー三菱自動車岡崎の中野拓夢選手だ。

3回裏白組の攻撃

1死1・2塁から大山選手が初球の外角135キロの直球をひっかけて

サードゴロになり、完全な併殺コース。

5-4-3と渡るがこの日、セカンドに入った

ルーキー中野選手が一塁へ悪送球。

2死1・3塁としてしまった。

更に4回裏、7番の北條が四球で出塁。

8番小幡選手がセカンドゴロで二塁封殺で1死1塁。

9番榮枝が右前安打を放ち1・2塁。

1番高山選手の1球目の後、高橋遥人投手が二塁へ

けん制悪送球で1死2・3塁となり

髙山選手の犠飛で2死2塁。

ここで2番山本選手のセカンドの平凡なゴロを

またも中野選手が悪送球する。

この二つの悪送球を見て思ったことは

しっかりとボールを握れていないことが。

二つの送球はいずれも球を握り損ない浮いたような

送球になっていた。

セカンドのピポッドプレー

そもそも中野選手はショートが本職である。

いくら期待のルーキーだからと言って安易にセカンドを

守らすのは、あまり賛同できない。

セカンドの動きはショートとは違い、二塁封殺も反転しなければ

ならないし、6-4-3の併殺も二塁手はピポッドマン、

すなわちボールを中継するプレーヤーになるわけだが

ショートの時は一塁手が正面になるが、セカンドの時は

振り向かなければならない。

課題は山積

このようにいくら守備が上手いと言われる中野選手であっても

いきなり不慣れなセカンドは最初は守らすのを避けるべきだ。

キャンプ紅白戦なので、適性を見ていると言われればそれまでだが、

色んな選手を色んなポジションに回すのは、あまり良くないように思える。

まずは中野選手はショートでいいのではないだろうか。

セカンドは、やはりプロは二塁手の専門の人がやるべきだと思うのだが・・

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。