阪神タイガース 大山悠輔 満塁打率

阪神の真の主砲として、大山悠輔内野手は揺るぎない立場を確立した。

122安打、28本塁打、85打点。

120試合へと短縮された昨季の成績を通常の143試合に換算すると、

それぞれ145安打、33本塁打、101打点を挙げていた計算となる。

同一年にこれら3部門でそろって

今季の大山以上の成績を残した阪神の選手は、

6人で9度だけ。

生え抜きでは別当薫、藤村富美男、岡田彰布の3人しかいない。

全盛期の掛布雅之ですら記録できなかった数字である。


新型コロナウイルスの影響で、試合数が少なかったことが惜しまれる。

開幕戦の屈辱が、負けん気に火を付けたのか。

6月19日の巨人戦で、大山は“補欠”だった。

試合には出場していない。

三塁はマルテが守り、4番にはボーアが入っていた。

2-3の逆転負けを、大山は控え選手として見届けた。

そこからチーム1位の28本塁打。

開幕戦を欠場した阪神の選手がその年のチーム最多本塁打者となったのは、

93年に新庄剛志がオマリーと同数の23本塁打して以来、27年ぶりだ。

単独となると、83年バース35本塁打以来37年ぶりの出来事である。

もっとも新庄とバースはともに、故障のためシーズンは2軍スタートだった。

開幕戦にベンチ入りしながら出場せず、

そこから挽回するという極めて珍しいチーム本塁打王が生まれた。

主砲として求められる、勝負強さも身につけた。

満塁で12度打席に立ち、9打数5安打の打率5割5分6厘。

これは満塁で10打席以上に立った、セ・リーグ25打者中1位だ。

9月8日DeNA戦では、プロ初の満塁本塁打をかっ飛ばした。

余勢を駆って同18日中日戦で2本目のグランドスラム。

満塁では18年1割5分8厘、19年1割4分3厘だったが、

苦手意識はもう過去のものだ。

来季は開幕戦から突っ走り、念願のタイトル獲得を果たしてほしい。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。