佐藤輝明 豪快な1発

滞空時間の長い一発

2月9日火曜日 宜野座で阪神は日本ハムとの

練習試合が行われまして佐藤輝明選手にホームランが出ました。

北海道日本ハムファイターズの3番手である鈴木健矢投手から

インローを狙ったはずのスライダーが真ん中高めに浮きました。

フォーロースルーでは片手1本の様なカタチになりましたが

滞空時間の長い、ライトスタンドへの本塁打。

対外試合阪神の今季1号ホームランとなりました。

佐藤選手、そのホームランの前の打席で3回裏に

日本通運から入団した日本ハムの

右の速球派投手である生田目翼投手と

対戦したんですが、生天目投手は150キロ以上の

ストレートを投げるピッチャーで、

そのストレートに詰まらされて

センターフライに倒れています。

鈴木健矢投手の球速は140キロ台で

そこまで速くはありませんから

今の佐藤輝明選手の状態ならば

十分に強い打球を弾き返せるピッチャーだったとも言えます。

横の変化には今のところ対応できている印象ですが、

今後は対戦する投手のレベルも上がって縦の変化、

特にフォークボールがキレキレのピッチャーと

対戦した時の佐藤選手の打席も

早く見てみたいなと思います。

課題は守備力

阪神先発 西純矢投手は3回表に捕まります。

日本ハム2番の平沼翔太選手にストレートをライト前に

運ばれまして先頭打者を出してしまいます。


この平沼選手は敦賀気比高校から

2016年ドラフト4位で入団した内野手で

思い切りのいい打撃をします。

続く3番の浅間大基選手の時に日本ハムは

ヒットエンドランを仕掛けます。

ファーストの頭をバウンドで超えるライト前ヒットで

ノーアウト1・3塁を作ります


この浅間選手も横浜高校から

2015年ドラフト3位で指名された打撃のいい選手で

外野手ですがサードのポジションにも就く選手で

非常に打撃のいい選手です。

日本ハム打線はストレートをドンドン振ってくるんですが

この辺りから西純矢投手のストレートの球威が落ちてきます。

初回は140㌔後半も出ていたのですが、

真っすぐが140㌔前半にまで落ちてしまします。

続く4番の野村佑希選手、花咲徳栄で甲子園にも出ましたが

真ん中に浮いたフォークを三塁線へ2点タイムリーツーベースを放ちます。

ここでポイントが2つありまして

①西純矢投手、フォークを投げるんですが落差が全くなく

単なる半速球の甘いストレートになってしまいました。

スライダーでストライクを取れなくなり、変化球でなんとかピッチングを

組み立てようとしていたんですが、球数も70球近くなり、ストレートの

威力も落ちていることから握力も無くなってきていたのかなと

思います。

②レフト佐藤輝明選手のレフト線のクッション処理です。

野村選手の当たりは三塁線を破りましてレフトのファールゾーンに転がり

フェンスに到達するんですが、

その跳ね返りの打球処理を佐藤選手がジャックルしてしまいます。

外野手の守備のチェックポイントは

当日の天候・風向き・芝の上の打球の走り具合、

打球が芝の上で失速するのか球足が早いのか、

そしてファールゾーンの広さとクッションの跳ね返りです。

一塁ランナーのホームインを許してしまいまして、

今後の課題かなとも思います。

試合前のシートノックで十分確認はするのですが、

年に何試合かしかない地方球場なんかは、

特に入念な確認が必要な作業になります。


非凡なパワーと打撃技術は発揮しつつある佐藤輝明選手。

後は走塁面も含めたデイフェンス力のレベルも当然高いものが

求められると思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。