阪神タイガース安芸キャンプ 投内連携~ランダウンプレー~

名護で行われる予定であった阪神VS北海道日本ハムの練習試合は

雨天中止となり、仕方ないので

安芸キャンプでの阪神2軍の様子を

見ていたのだが、

ちょうど投内連携をしているシーンであった。

横浜高校から入団した及川投手も

かなり体つきがプロらしくなって

きたなあと思いながら

見ていたのだが、練習内容としては

ランナー3塁。

ピッチャーゴロで三塁ランナーが

三塁本塁間で挟まれるというシチュエーションだ。

ランダウンプレーでピッチャー、キャッチャー

三塁手がランナーを挟んでタッグして

アウトにしていくのだが

この何でもないような練習メニューに

実は物凄く重要な要素が含まれている。

走塁妨害(オブストラクション)

このサードランナーのランダウンプレーは

一歩間違えれば走路妨害で三塁ランナーに

安全進塁権を1つ与えてしまい、ホームインさせてしまう

可能性がある。

走塁妨害(オブストラクション)には2種類あります

ひとつは走塁を妨害された走者に対して直接プレーが行われたケース。

この場合は即ボールデッドになりまして 

妨害を受けた走者は

少なくとも1個の進塁が許されます。

打者走者が1塁に到達する前に

妨害を受けた場合もこのタイプに含まれます。

旧野球規則7.06(a)に規定されていたため

(a)項目のオブストラクションとか

タイプAのオブストラクションなどと呼ばれます。

野球規則は毎年改定が加えられまして

現在の野球規則では6.01(h)(1)にあたります。

ランダウンプレー中にボールを持たない野手が

走路をふさいでしまったら

タイプAの走塁妨害として1個の塁が与えられる。

走者2.3塁で三塁走者が投手の牽制にひっかかり、

三塁本塁間で挟まれ

この間を利用して二塁走者は三塁に達していたところ、

挟まれていた

三塁ランナーが三塁へ戻って来たので

二塁走者は元の塁へ戻ろうとし

二塁・三塁間で挟まれた。

しかしこのランダウンプレー中に

二塁走者はボールを持たない二塁手と衝突した場合、

審判員が二塁手の走塁妨害を認めれば

「オブストラクション」を宣告し

ボールデッドとして二塁走者を三塁へ、

三塁走者を本塁へ進める処置をします。

オブストラクションタイプBは

プレーが行われている場所ではないところで走塁妨害が

発生した時に適用します。

審判員はその方向を指でポイントしながら

オブストラクションの宣告だけしておき

プレーが一段落してからタイムをかけて処置を決めます。

旧野球規則7.06(b)に規定されていたので

(b)項目のオブストラクションとか

タイプBのオブストラクションなどと呼ばれます。

タイプBはボールインプレーですので

審判員が適当と認めた進塁よりも

余分に進むこともできますが、

アウトになっても自己責任となり

救済処置はありませんので注意してください。


※ここでケーススタディとして走者二塁で

 打者がレフト前ヒットを打った場合を説明しますと

レフトは本塁へ突入する二塁走者を

アウトにしようと本塁へ送球します。

そのとき1塁を回った打者走者が

一塁手とぶつかったのでポイントとして

走塁妨害を

宣告します(タイプBでインプレー)

ところがレフトからの送球が

捕手の頭を越す悪送球となったので

セカンドランナーは労せずホームインします。

この時のポイントを3つ説明しますと

①打者走者が2塁にとどまった

➡プレーがひと段落したらタイムをかけ審判員の判断でそのまま2塁にとどめるか

 妨害が無ければもっと塁を進めたと思えば更に塁を与えます

②打者走者が3塁を狙い3塁でアウトになった

➡タイムをかけて審判員の判断で妨害によって与えられる塁は2塁が適当だと

 判断すればアウトは成立します。(走者はアウトを覚悟で余分に進塁を試みたことになります)3塁が適当だと判断すればアウトを取り消して3塁を与えます

➡打者走者が3塁を狙い3塁でセーフになった

 審判員が本塁を与えるのが適当だと判断するのではない限り3塁の占有が認められる

捕手のブロック

捕手はまさに送球を捕ろうとしているか

すでにボールを持っているときにしか

塁線上に位置することはできません。

ボールがまだ来ないうちから走路を跨いで待ったり、

用具で走路をふさいで置くことは禁止です。

送球を待ち構える時は必ず本塁ベースの

「前」で走路を完全に空けて待つことが

義務つけられています。

コリジョンルールですけれども

本塁を守るために捕手が走路をブロックすることは

長年容認されていましたが

怪我を伴う危険なプレーですので

2013年にアマチュア野球の内規で危険防止をうたい

2014年には米国のオフィシャルルールで

衝突プレーの禁止が明記されました。

2016年には公認野球規則にも正式導入されて

NPBでも本塁衝突は禁止になりました。

また走者の本塁突入時のタックルも禁止されています。

昔はキャッチャーの落球を誘うために

完全にアウトのタイミングでも

三塁ランナーはキャッチャーめがけて

タックルをしているシーンもありましたが

危険を伴うためにいまは行われておりません。野球規則6.01(i)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。