セリーグ戦力分析 中日ドラゴンズ 勝野昌慶

勝野昌慶 投手

1997年6月12日生まれ 右投右打 183㎝89キロ

岐阜県土岐商業高校から三菱重工名古屋を経て

2018年ドラフト3位で指名された本格派右腕です。

土岐商では1年夏からベンチ入りしまして

2年秋にはエースとして、

岐阜県ベスト4で東海大会へ出場します。

2014年10月19日 

伊勢市営球場で行われました2回戦の静岡高校戦で

試合は序盤から静岡高校が大量リードを奪います。

勝野投手は3番手として登板し、

5イニングを投げますが

チームは11-3で7回コールド負けを喫します。


この時の静岡高校の1番打者が

現在西武ライオンズの鈴木将平選手で

4番が楽天の堀内謙伍捕手でした。

堀内選手はこの試合5打数4安打3打点と

大暴れします。

3年夏の岐阜大会は

3回戦で羽島北高校に敗れまして

甲子園出場はなりませんでした。

三菱重工名古屋 時代

その後、社会人野球の三菱重工名古屋に進み、

社会人3年目の3月

JABA東京スポニチ大会での2回戦セガサミー戦で

完投勝利をします。

続く4月に行われたJABA静岡大会でチームは優勝し、

勝野投手は最優秀新人賞を受賞

そしてドラフト会議後に行われました

11月の日本選手権大会では準決勝の東芝戦で

6安打完封勝利。

続く決勝でもJFE西日本相手にリリーフ登板しまして

2回2/3を2安打無失点で抑え優勝を果たしました。

この大会で勝野投手は投手部門の

最高殊勲選手賞と優秀選手賞を受賞しています。


プロ二年目となった昨年は13試合に先発登板しまして

4勝5敗 防御率3.88

ヤクルトから3勝をあげまして

対戦成績は防御率1.77とヤクルトキラーぶりを発揮しました。

最速152キロのストレートに

スライダー・カーブ・フォークを投げます。

勝野投手、2019年にヘルニアを発症したり、

昨シーズン暴投が7個あったりと

コントロールに少し不安がありますが、

インサイドを突くピッチングが持ち味です。

実際問題右打者のアウトローの被打率は

4割近く打たれていますので

勝野投手の場合はインサイドワークが

非常に大事になります。

キャッチャーの木下選手も

その辺はわかっていると思うのですが

昨年巨人の丸選手には6打数3安打と

全てシングルヒットでしたが

5割打たれています。

もしジャイアンツ戦で登板するならば丸選手を

いかに抑えるかがキーポイントになると思います。

球種の割合もストレートが49%と

全投球の半分以上を占めてスライダーが21%

フォークが約20%と、昨年の被本塁打が7本でしたが

全てストレートだったため

もう少しスライダー比率を増やしてもいいのかなと思います。

いずれにせよ、勝野投手が先発6番手として

安定した投球をシーズン通じてできるようになれば、

ドラゴンズローテーションがより強固なものになります。

阪神戦は4試合に登板して1勝3敗 防御率3.91

甲子園では3戦3敗で13イニング1/3を投げまして

防御率6.08と苦手としましたが

勝野投手、本来の投球をされると

いつ、この数字も逆になるかもしれません。

今季の中日戦は注意が必要です。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。