阪神佐藤輝明選手 規格外のパワー

阪神は16日 宜野座で楽天との練習試合を行った。

阪神先発は秋山投手、楽天先発は高田萌生投手。

注目のドラフト1位佐藤輝明選手に本塁打は出ませんでしたが、

規格外のパワーを見せつけます。

第1打席の2球目、佐藤輝明選手フルスイングは

バットが真っ二つに折れたにも関わらず

ファールの打球がポール横のライトフェンスをオーバーします。

粉々にバットが折れたにもかかわらず、

ライトポールの横際にオーバーフェンスのファールというのは、

ちょっとあまり見たかとがありません。

そのあとはストレートを打ちまして

センターフライに倒れますが、

これも最初センターもそんなに後ろへ下がるような

素振りがなかったにも関わらず最後は

フェンスの手前までいきましたから、

やはり佐藤選手のパワーは凄いです。

4回裏の第2打席、

マウンドは左腕の池田投手だったんですが、

今度は打球が詰まって

センターの前に落ちるテキサスヒットでした。

外野手としては一瞬打球が高く上がる時の

打球判断が難しい打者だと思います。

今日の打順は3番に佐藤輝明選手

そして4番は井上広大選手でした。

将来の虎のクリーンアップを見ているようで

とても楽しみな未来を想像してしまいました。


試合は2-2と引き分けに終わります。

高橋遥人投手のセットポジションでの投球に

少し球威を感じませんでした。

球速は出ているのですが、しっかりと

体重移動が乗らないでボールに力が伝わっていない

ように感じました。

現に楽天の各打者は打席内での球速以上に

球が来ていないのか、結構捕らえていましたので

高橋遥人投手、微調整が必要なんかなと思いました。

開幕ローテに入ってもらわないと困る投手ですから

今後の更なる成長に期待です。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。