榮枝裕貴 捕手 3度の盗塁阻止

「練習試合 DeNA2-6阪神」

(18日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 開幕1軍へ猛アピール。

阪神のドラフト4位・栄枝裕貴捕手が、

DeNAとの練習試合(宜野湾)に「8番・捕手」で初めて先発出場した。

自慢の強肩を発揮し、二盗を3度阻止。

ハマの機動力を封じて、目標の場所へ大きく前進した。

 相手に機動力を発揮させない。

栄枝の右腕から放たれた白球は矢のような軌道を描き、二塁に到達した。

文句なしのタイミングでハマの果敢な走塁を阻止。

任された女房役を全うした。

今年のベイスターズは必ず足を絡めた攻撃をしてくるはずだ。

昨年までのラミレス監督の攻撃は盗塁やバント、そういうものとは無縁であった。

 「DeNAは走ってくるという情報はあったので、しっかり刺せてよかった。

  走ってくるだろうなと準備はしていました」

 自慢の強肩で魅せた。

まずは、二回1死一塁の場面。

中前打で出塁した森がリードを広げてくる。

将来のベイスターズの核弾頭を担うであろう、

森敬斗選手。当然、スタートを切ってくる。

警戒を強める中、やはり宮本の2球目でスタートを切ってきた。

捕球後、すぐさま二塁へ正確な送球。

悠々とアウトにし、好機拡大を防いだ。

増える補殺

キャッチャーの補殺数が増えるという事は

・バント処理で送球アウトにする

・振り逃げで一塁へ送球してアウトにする

・ランダウンプレーでつく補殺

・そして盗塁を刺すことだ。

2死一塁からは二盗を試みた宮本を刺した。

不安定な立ち上がりを見せていた青柳を援護する“枝キャノン”。

さらに、四回にも倉本の二盗を封じる。

これで3補殺目とし、9日の日本ハム戦から4連続で二盗を阻止。

「走ってきた盗塁はアウトにするということだけを考えています」と、

してやったりだ。

 矢野監督は

「自分(の1年目)と比べても、落ち着きというか、

普通に当たり前のことができるっていうのはアイツの力というか、

そういうもんがあるんじゃないかというふうに見えた」と評価。

少しずつ、ただ着実に成長を遂げている。

 リード面でも自分らしさを見せるために準備した。

これまでブルペンで2度ほど受けたことがあるが、青柳と試合で組むのは初。

「過去の動画を見て、梅野さんはどうやって青柳さんを引き出しているのか

というのを見た」とこれまであまり使っていなかった左打者への

外角カットボールを試すなど工夫した。

 ドラフト1位・佐藤輝が圧倒的な存在感を示している。

「アイツに負けないように僕もアピールしないといけない」。

バットでは3打数無安打だったが、

試合に出続けるため、さらに自分の技術を磨く。

https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/19/0014090298.shtml

デイリー

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。