阪神 伊藤将司投手 3イニング1失点

6日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとのOP戦でドラフト2位ルーキーJR東日本から入団した伊藤将司投手が登板した。

先発の青柳投手の後を受け、プロ入り後、初の3イニング投球を披露した。

 六回。1死から、真砂に133キロのチェンジアップを捉えられて右中間へ放り込まれ“プロ初被弾”。だが、その後は崩れることなく三森を143キロの直球で見逃し三振、上林を三直に抑えた。

デイリー

 七回は、栗原、川島、佐藤直と危なげなく三者凡退に抑える。

左の柱としてローテ入りが有力だった高橋遥人投手の離脱により、救世主として期待されるルーキー左腕。開幕ローテ入りへアピールしたいところだ。


阪神ドラフト2位 JR東日本の伊藤将司(まさし)投手

178センチ85㌔ 左投左打

横浜高校ー国際武道大をへてJR東日本へ。

10月5日に行われた都市対抗野球東京地区第一代表決定戦では

NTT東日本を相手に9回1安打とほぼ完ぺきな内容で完封。

大学時代は日米大学野球やユニバーシアードという国際大会にも出場しており、その時の大学日本代表が当時名城大学3年生だったカープに指名された栗林投手や明治大学2年生の同じく広島 森下投手。


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。