阪神4番 大山悠輔 登録抹消

首位阪神に激震が

今季初の引き分け試合に終わった5日の神宮でのヤクルト戦の試合後に阪神4番をここまで牽引してきました大山悠輔選手が背中の張で登録抹消された。

最短の実戦復帰は18日のヤクルト戦から。

降雨ノーゲームとなった1日の広島戦での第一打席で初球をフルスイングした際に背中を伸ばすような仕草を見せていたので、その翌日に試合を欠場したため、もしかしたら その際に痛めた可能性もある。

また今春のキャンプから大山選手は背中の張りに関しては訴えていたので ここにきてその患部に症状が出てしまった。

5日の神宮でのヤクルト戦ではいつも通リ4番サードでスタメン出場したが 2回にオスナの三塁線への難しいゴロをさばくも一塁へ悪送球して失策を記録。

打つ方でも3回表に2点を先制してなおも2アウト1.3塁のチャンスで迎えた2打席目にセカンドフライに倒れるなど4階の守備からベンチへ退きました。

さて、長いシーズンですからもちろん、こういった事態が起きることはプロ野球、起こりえます。

そのために2日の広島戦で代役三塁4番に佐藤輝明選手を試したこともありますので今後、大山選手が復帰するまで、阪神打線はどうしのぐのか?

プランを4つに分けて考察していきたいと思いますので皆さんも一緒に考えてください。

続きはYouTubeで!


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。