桐敷拓馬投手【阪神タイガースドラフト3位】


そして何と言っても特筆すべきは3位指名の新潟医療福祉大の桐敷拓馬投手です。

桐敷拓馬投手 1999年6月20日生まれ 左投左打 178㎝ 86㌔ 埼玉県出身。

安定感のある下半身を軸にスムーズな体重移動から最速149㌔を投げ込みましてスライダー・チェンジアップに加えウイニングショットにはフォークがあります。

今年の春のリーグ戦では5勝1敗と結果を残しておりまして、桐敷投手も全国的な知名度はありませんが、注目のサウスポーです。

最速150キロのストレートを武器とする本格派左腕でスライダー・チェンジアップ・フォークを投げ分けます。

4年生春のリーグ戦では8試合に登板し5勝1敗 55回1/3イニングで奪三振71を奪い防御率は1.79をマーク。

10月2日に行われました山梨学院との試合では9回を球数105球 打者29人に対して被安打2 奪三振10で完封勝利をしています。

そして圧巻の投球は10月16日の平歳国際大学との試合だろう。

この試合で桐敷拓馬投手は関甲新学生リーグ史上初となる完全試合を達成している。

打者27人に対して 球数118 自身の持つリーグ記録を更新する19奪三振をマークした。

8,9回は驚異の6連続奪三振でフィニッシュ。

球数が100近くになっても最速150㌔のストレートの球威と変化球のキレは落ちなかった。

「三振より最少失点でいかに行けるかを考えていた。結果的にゼロで抑えることができてよかったです」と頼もしいコメントを残した桐敷投手は昨年からブルペンで何度も右打者への膝元へスライダーを投げ込んできた。

この日はスライダーで5三振。

フォークも織り交ぜた投球は左腕不足の阪神にとっては頼もしい戦力増だ。

ドラフト2位の創価大学の鈴木勇斗投手も加わり、虎の左腕王国結成へ未来は明るい。

真っすぐのキレも縦の変化球も抜群にいい桐敷投手。

桐敷拓馬 / 新潟医療福祉大

埼玉県の本庄東高校時代は全くの無名選手でしたが新潟から全国区へアピールできる存在になってほしいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。