それゆけ!スカウティングレポート2021 ~山下輝 投手~

山下輝(やましたひかる)投手 

1999年9月12日生まれ

左投左打 188センチ 95㌔ 千葉県出身

岩根小学校3年から野球をはじめ

岩根西中学時代には軟式野球部に所属。

生まれ変われるなら高校時代の先輩にもあたる

早稲田大学の早川投手みたいになりたいと

語っていますが、この山下投手、それ以上の

ポテンシャルを持ち合わせた

大学生の中でもトップレベルのサウスポーです。

木更津総合高校では初めはファーストを守っていまして

1年生秋の2015年関東大会で

茨城の常総学院を延長の末8-7と競り勝ち優勝します。

2年生の春夏と連続して甲子園に出場し5番一塁でスタメン出場

甲子園では18打数5安打 .278 打点1を記録します。

3年生ではエースとして夏の甲子園に出場しますが

初戦の日本航空石川に

14安打を打たれて自責点6と敗戦してしまします。

3年生9月の国際大会には侍ジャパンとして出場しキューバ相手に

6回途中2失点と粘りの投球を見せます。


法政大学では2020年秋のリーグで主にリリーフとして登板

4試合で6イニング防御率は1.50と安定した投球を見せました。

最速151㌔のストレートにスライダー・カット・カーブを投げます。

この山下投手、正直ドラフト1位候補と言ってもいいでしょう。

その理由としては3つありまして

まず一つ目は

①体格がしっかりと出来上がっている。

②常時150キロを超すストレート

③テイクバックが小さく打者は球の出ところが見え辛い

この3点なんですね

山下投手、木更津高校時代から

太もも周りもかなり高校生の中では大きめでしたが

法政大学進学後、もう一回り大きくなったような感じがします。

もともと大型サウスポーとして注目されていましたが

もうすでに下半身は

プロの選手並みの筋肉がついていると思います。

社会人チームの日通との対戦マウンドでも

日通の選手と体格ほぼ互角か

それ以上でしたから、しっかりと走りこまれたであろう

下半身の強さが投球にも現れています。

そして小さめのテイクバックから繰り出される

150㌔のストレートは圧巻で

リリースの多少ばらつきはあるものの

完成度が高い大型サウスポーですから

各球団絶対欲しいピッチャーのうちの一人ですから

重複1位指名、もしくは外れ1位指名で

名前は消えるであろう逸材ですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

それゆけ!スカウティングレポート2021

首都大学リーグ 左腕編

首都大学リーグは強豪校である東海大学を筆頭に

日本体育大学などが属するリーグで

阪神タイガース青柳投手も帝京大学にてこのリーグで

投げていた。

先日は筑波大学の佐藤隼輔投手について触れてきたが、

この首都大学リーグにはまだまだ良いサウスポーがいるので

書いていきたいと思います。

鳥谷部慎吾

日本体育大学 178センチ81㌔ 左投左打 青森県出身で

最速143㌔のストレートを持つ力投型サウスポー

ノーワインドアップからねゆっくりしたフォームで投げ込むピッチャーです

弘前東高校から本格的にピッチャーに転向した選手で甲子園出場はありませんが

3年夏の青森県大会では初戦の六戸(ろくのへ)高校戦で

14奪三振 1失点の完投勝利を収めています。

鳥谷部投手、全国的な知名度はありませんが最速143キロのストレートに

スライダー・カーブを投げまして左腕が

遅れて出てくるためにバッターからすると

非常に球の出所が見えにくピッチャーなだけに

制球力さえ整えば非常にいい投手だと思います。

ピンチになっても動じないですし、ストレートと落差のあるカーブボールだけでも

短いイニングならね投げられると思います。

いかんせん大きな大会とかで投げていませんから、

全国レベルで見てどうかというところは分かりません。

球速が140㌔の後半になってくると、もう大学生では打てるレベルの投手では

なくなってきます。

この冬を越して2021年に飛躍する可能性がある投手ですので

鳥谷部投手の今後の活躍にも注目していきたいと思います。

安里海

そして3人目は東海大学の安里海(あさとうみ)投手です。

1999年7月21日生まれ 左投左打

沖縄県出身のサウスポーで小学2年から美東(びとう)ドラゴンズに入り

キャプテンを務め中学では軟式野球部に所属。

3年夏の沖縄県中学野球大会決勝で完封勝利を果たし6年ぶり3度目の優勝を達成。

東海大相模高校へ進み1年秋から公式戦デビューします。

2016年7月25日 2年生の安里投手は夏の神奈川予選5回戦で厚木高校との試合で

先発するも4イニング4安打2失点とマウンドを先輩に譲ります。

試合は東海大相模の大勝で勝ち進みましたが門馬監督も

「安里は良くも悪くも無かった。

これまであまり経験を積ませることができなかったので」と

安里投手の力投を評価します。

2年生秋の県大会からエースとしてマウンドに立ち

2回戦の川和高校戦で完投勝利 4回戦の桐光戦では惜しくも完投負け

この大会の後に ひじ痛で腕の位置を少し下げたフォームに変更します。

最速145㌔のストレートにスライダー・ツーシーム・フォークを投げます。

投球フォームは右手をキャッチャーのほうへ向けながら背中を丸めて

タメを作り、重心の下がり具合とかは阪神の岩田稔投手のような感じです。

東海大学進学後は主に目立った成績や登板はありませんが、球の質とキレを

高く評価されている投手で典型的なスライダーピッチャーです。

左投手が補強ポイントのチームは、上位で指名されることは難しいかもしれません。

要チェックですね.

にほんブログ村 野球ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村

それゆけ!スカウティングレポート2021 佐藤隼輔 投手

大学生No.左腕

仙台高校時代から東北ナンバーワン

左腕という名が轟いた投手がいる。

今年から楽天イーグルスに入団する早稲田大学の早川投手も

かなりの逸材だが、早川投手に引けを取らない そのマウンドでの

投げっぷりは、結構立派なものがある。

首都大学リーグ筑波大学の佐藤隼輔投手だ。

セットポジションから投げ込むストレートは最速151㌔で

スライダー・チェンジアップを投げる。

仙台高校では3年夏に宮城県大会の5試合を1人で投げぬき

ベスト8まで進出。

1回戦から3回戦まで3試合連続完封という投球内容であった。

甲子園出場はならなかったが

この時点で各球団からのスカウトの評価は

一気に上がり希望すれば指名があったと思われたが

プロ志望届を出さずに国立の筑波大へ進学します。

筑波大学(2018-

筑波大学では1年秋から先発2番手として登板し

5試合を25イニング無傷の3勝で防御率0.00

武蔵野大学との2回戦で初登板初勝利を記録すると

強豪チーム東海大学相手にも6イニング0封で勝利投手

初登板から2年生の春にかけて44イニング2/3を

連続無失点という驚異の投球を見せる。

2年生秋の日体大との1回戦では現ヤクルトスワローズの

吉田大喜投手と投げ合い

1安打で1-0のシャットアウト勝ち。

国際大会である2019日米大学野球では全5試合に登板し

リリーフとして登板

無失点に抑え防御率0.00をここでも記録します。

この日米大学野球では最高殊勲選手賞が現在広島カープの森下投手で

最優秀投手賞が早稲田大学の早川隆久投手だった。

森下投手は主に先発で15イニング2勝1敗で防御率1.20

早川投手は9イニングで無失点と

佐藤隼輔投手も この2人に負けないくらいの成績だったので、

2021年のドラフト上位候補生になるのは間違えありません。


この佐藤投手が所属する首都大学リーグはレベルが高くないからいい成績なんだと

いう意見もたまにあるんですけれども、

確かに首都大学リーグは強豪校である東海大学が

圧倒的に優勝回数も多いです。

強すぎて他大学との力の差があるという見方もあるんですが

近年は日体大からいいピッチャーが何人も出てきていますし

獨協大学から並木外野手がヤクルトに指名されたりと、

決してレベルが引くわけではありません。来年はこの

筑波大学の佐藤隼輔投手が ドラフトを席巻してくれることを期待しています。

佐藤隼輔

筑波大学の左投手

主に先発だが中継ぎスタンバイも国際試合で出場している。

2000年1月3日生まれ 左投左打ち 181センチ 80㌔

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

それゆけ!スカウティングレポート2021 小園健太 投手

貝塚ヤングで優勝

大阪府に南部に位置する貝塚市。

そこに中学3年生でとてつもないボールを投げる中学生がいた。

貝塚市立第一中学の小園健太(こぞのけんた)投手だ。

この硬式野球チームである貝塚ヤングで小園投手は中学3年生の時に

全国大会を制覇している。その後は市立和歌山高校へ進学。

1年生ながらも春からベンチ入りを果たす。

高校1年夏の県大会はベスト8

夏の和歌山大会では南部(みなべ)高校戦に3-3の同点から

9回表に登板するが1失点で敗戦してしまいベスト8

2019.7.26

南部 001200001=4

市和 101000010=3

最速152㌔のストレートにスライダー・チェンジアップ

カット/カーブを投げます。

この小園投手、まず一言で言えば完全にプロ向きの高校生投手だ。

マウンドでの落ち着きや捌き方、投げ終わった後のフォロースルーに

守備の入り方と明石商業の中森投手も

完成された感じがあったピッチャーでしたが

この小園投手は更に上回る可能性がありますね。

何がいいかというと3点ありまして

①低めに球を集めれる制球力

②アウトコースへのボールの出し入れ

③空振り三振が取れるチェンジアップ

この3点なんですね。

まずボールが長打を浴びる危険な高さに行かないですね。

もちろん100%ではありませんが

調子がいい時の映像を見た限りでは

打者の膝の高さより上には、すっぽ抜けない限り

低く低く球が集まっている印象です。

その中でも特にチェンジアップが非常にいいピッチャーで

同じようなボールで縦スライダーや小さく曲げる

カットもありますから、ストレートとチェンジアップを

ミックスされて組み立てられると

バッターとしては芯で捕らえるのは難しい投手かなと思います。

2020年

2020年和歌山秋季大会では準々決勝、

和歌山南陵(なんりょう)高校との試合では

8イニング8安打されながらも10奪三振で2失点の完投勝ち

2020.9.27

市和 01142003=11

南陵 00200000=2 8回コールド

準決勝は夏の県独自大会で敗れた智辯和歌山との試合でしたが

小園投手は9回を投げぬき5-4と辛勝

2020.10.3

市和 100000040=5

智弁 021000001=4

そして秋季大会決勝はリリーフ登板して

和歌山東を8-2で破り見事優勝します

2020.10.4

和東 110000000=2

市和 01300040x=8

チェンジアップがとにかく素晴らしい投手で

実戦向きの投球をしますので 久しぶりにプロ向きの高校生投手。

小園健太投手に注目したいところです。

小園健太

184センチ85㌔ 右投げ右打ち

市立和歌山高校

大阪府貝塚市出身で中学時代は3年時に

貝塚ヤングで全国大会優勝を達成

今ドラフトでは高校生右投手の上位候補リストに入る逸材。

複数球団の競合もありうる。

にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

それゆけ!スカウティングレポート2021 風間球打 投手

東北から剛腕現る

ダルビッシュ投手や大谷翔平選手など大物を輩出している

印象が強い東北エリア。

一口に東北と言っても仙台育英高校や仙台大学、

また花巻東高校に青森山田高校と強豪校も多数点在する。

そんな中、山梨県の笛吹ボーイズに中学三年生で

135㌔を投げる剛腕中学生がいた。

郷里の山梨県を離れ、高校は秋田県のノースアジア大明桜高校へ

年々球速が増してきて最速150キロのストレートが出るまでに

急成長した注目の高校生投手だ。

最速150㌔のストレートにスライダー・カーブ・フォークを投げる。

ノースアジア大明桜高校

この風間投手が在籍するノースアジア大明桜高校は

2020年に改称されたが、以前でいう秋田経済大付属高校だ。

平成元年夏は準決勝で帝京高校に0-4で敗戦するも

3回戦では石川県星稜高校を3-1で競り勝つなど

好ゲームを披露。

平成5年の春の選抜以降は甲子園での白星に見離されているが

OBにはソフトバンク 摂津正 投手

DeNA 砂田穀樹 投手に1991年阪神ドラフト5位指名の

中川申也 投手など好選手を複数名輩出している。

尾花髙夫 監督兼投手コーチ

風間投手の急成長の陰には2019年2月に就任した尾花総監督の

存在とその指導内容によるところが大きい。

尾花監督はPL学園ー新日鉄堺ーヤクルトスワローズ(1978-1991)

プロ通算14年間で112勝135敗29セーブを記録し

ヤクルトスワローズの投手事情を長年支えた右腕だ。

投手コーチとしても

千葉ロッテマリーンズ(1995-1996)

ヤクルトスワローズ(1997-1998)

福岡ソフトバンクホークス(1999-2005)

読売ジャイアンツ(2006-2009)

横浜ベイスターズ(2010-2011) 監督

読売ジャイアンツ(2013-2017)

毎年のようにセパ両リーグで長年投手コーチとして

優勝などに貢献し2010年には横浜ベイスターズの監督に就任

意外にも尾花氏がPL学園出身の初の監督になる。

監督としての成績は2年連続の最下位になってしまったが

伸び悩んでいた高崎健太郎 投手を年間通じて先発ローテーションに

起用し、育成から支配下登録された国吉佑樹を大胆起用し

4番の村田修一は1度もスタメンから外すことはなかった。

2021年からはヤクルトの二軍投手チーフコーチとして

古巣の復帰が決まっている。

風間球打

球打(きゅうた)という名前からも元阪神の藤川球児投手のように

野球をするために生まれてきたような逸材で、球速もまだまだ

伸びそう。大変スケール感の大きな投手になりそうだ。

2003年10月11日生まれ 山梨県甲府市出身

182センチ80㌔ 右投左打

最速150㌔のストレートにスライダー・カーブ・フォーク

にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村

それゆけ!スカウティングレポート2021高知高校/森木大智

南国土佐に球児の後釜が

2020シーズンを以て現役を引退した阪神の藤川球児投手。

その藤川球児投手の出身地である高知県は、名門である

明徳義塾高校など強豪校も多い都道府県だ。

そんな高知県に元阪神の藤川球児2世になるかもしれない

高校生ドラフト候補ナンバーワン投手がいる。

高知高校の森木大智投手だ。

その名は中学時代から全国へ轟く。

高知中学3年生時代に全日本少年春季軟式野球大会と

夏の全国中学校軟式野球大会で優勝。

軟式で最速150㌔出している

とてつもないスケールのピッチャーである。

高知高校から硬式を握り、1年春から背番号20を背負い

四国大会でベンチ入りする。

高松商業戦で147㌔

スーパー中学生のデビューは予想以上に早かった。

ゴールデンウイーク真っただ中である2019年5月3日

高松商相手の初戦に8回から3番手として登板。

最速147㌔をデビュー戦でマークし、この試合2イニングを

投げて1失点。

緊張からか右打者の頭上を襲うストレートの抜け球が

あったが この春の四国大会の後、

夏場に148キロをマークする。

2年生となる2020年9月19日に行われた

秋季高校野球高知大会では

土佐高校戦で6回途中から2番手として登板

「ストレートが狙われているなかでも抑えないといけない」と

25球中24球を直球勝負。その度胸がすごい。

力を抜いて8割の投球で149㌔をマークするなど

そのポテンシャルに驚かされる。

この試合は2回2安打で1失点奪三振は2という成績でしたが

「それなりのコースにはいったが、精度はまだまだ」と

制球力アップに課題が残るものの

2020年ドラフトで指名された福岡大大濠高の山下舜平大投手や

中京大中京の髙橋宏斗投手に匹敵するストレートの

早さを持っているので制球力さえつけば、

ドラフト1位候補になってもおかしくはありません。

オーソドックスな投球フォーム

最速は151㌔のストレートに

スライダー・カーブ・スプリット・チェンジアップ。

遠くから見ると投球フォームは高校時代の元巨人、

桑田投手のようなオーソドックスなピッチャーで

投球モーションもそんなに投げ急いでいるワケではないが

非常にテンポよく投げ込んできます。

まだ高校生だが明石商の中森俊介投手のように

完成されたピッチャーという印象はないにせよ

伸びしろに関しては、2020年の

ドラフト上位高校生投手よりもあるだろう。

高知高校の森木大智投手に今後も目が離せません。

森木大智

高知高校の本格派右腕

2003年4月17日生まれ 右投右打ち 184センチ 82㌔

2021年ドラフト候補SSクラスのピッチャーで

バランスの取れたフォームから繰り出す

投球は直球・変化球共に抜群の切れ味。

スケール感の大きさを感じさせる。

にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村

虎渓三笑タイガースTV - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

それゆけ!スカウティングレポート2021 稲毛田渉 投手

高い三振率を誇る

奪三振率=奪三振✖9÷投球回

投手の能力を評価する指標で奪三振率が高いほど自力で

アウトが取れやすく9.0を超えてくると典型的な三振を

取れる投手という事が言えます。

7.5-8.0でも高い部類に入り

日本記録は2019年千賀投手の11.33(180イニング 227奪三振)

MLB記録は2019年ゲリット・コール投手の13.82(212イニング 326奪三振)

ちなみに1968年江夏豊投手が401奪三振を記録した時は10.97(329イニング)でした

三振が取れるピッチャーという事は必然的に被打率も下がりますので

安定した成績に繋がりやすくなります。

指名漏れの仙台大学時代

稲毛田投手の大学時代は通算34試合で16勝4敗 防御率2.20

4年生春のオープン戦日体大戦では153㌔をマークし注目されます。

この時 福岡ソフトバンクホークスに育成指名されました

大関友久投手(土浦湖北)

七十七銀行へ進んだ小林快投手(佐野日大)も登板し

スカウトへアピールしていましたが最も目立ったのが

稲毛田投手でした。

2番手で登板すると2者連続空振り三振、最速153キロをマーク。

しかしながらこの年のドラフトには指名はかかりませんでした。

NTT東日本から今度こそ指名を

社会人に進んだ稲毛田投手。社会人チームの強豪であるNTT東日本へ

進むが今度は2020年新型コロナウイルスの影響で主要な大会は

ことごとく中止になってしまし、それに伴うオープン戦や

練習試合の日程も大幅に削減され社会人野球日本選手権が

夏に中止(本来は秋に行われるが東京五輪の日程都合上

夏に開催予定だった)

プロへアピールするための実戦登板の機会が激減した。

しかし稲毛田投手はいつもポジティブシンキングだ。

キャッチフレーズは「がんばるときはいつも今」

逆境に強く高い三振率を誇る本格派右腕が2021年のドラフト指名を

じっくりと、待つ。

稲毛田 渉 投手

1997年7月11日 183センチ89㌔ 右投右打ち 東京都目黒区出身

帝京高校~仙台大学~NTT東日本

多彩な変化球もあるが、最大の武器は150㌔の直球。

2段モーションのゆっくりとした投球フォームで上から投げ下ろす。

低めへのコントロールもよく直球は威力抜群。

帝京高校時代の1学年上には現ヤクルトスワローズの

清水昇投手(2018年ドラフト1位)がいる。

にほんブログ村 野球ブログへ

それゆけ!スカウティングレポート 北山比呂 投手

社会人強豪チーム東芝の北山比呂投手です

プロフィール

1997年10月15日生まれ 右投げ右打ち 175センチ82㌔

神奈川県出身で横浜高校から日本体育大学を経まして2020年に東芝へ入社

※ニックネームは「ぴろ」で座右の銘は「人生楽しんだもん勝ち」と

 ポジティブな選手です。

※東芝野球部の主なOBとしては2019年埼玉西武ライオンズに入団しました

 宮川哲投手、そしてドラゴンズに入りました岡野祐一郎投手

 阪神では97年ドラフト4位坪井選手 

 ジャイアンツ99年1位指名の髙橋尚成投手などがいます。

主な戦績

 横浜高校では1年夏から控え投手としてベンチ入りします。

 2年秋から公式戦で投げ始め3年夏の

 2015年神奈川大会では東海大相模に決勝で0-9と敗れ準優勝

 この決勝に至るまで横浜高校は接戦を勝ち抜いてきたんですね。

 7月22日 保土谷球場で藤沢翔陵(しょうりょう)高校に6-5

 24日に横浜スタジアムに行ってからは横浜隼人に5-4

 27日の準決勝では桐光学園戦で4x-3のサヨナラ勝と

 際どい試合を勝ちながら北山投手は主にリリーフとして登板します。

 決勝の横浜スタジアムでは145㌔をマークします。

 しかしながら甲子園には行けませんでした。

そして日体大へhttps://nittaibaseball.com/

日体大 北山比呂投手

日本体育大学

日体大進学後は2年から登板。

少ない登板機会ながらも

球速を徐々に上げていき150㌔を越してきます。

4年生春のリーグ戦では開幕戦にあたる帝京大学戦に登板し

被安打2 奪三振8で完封勝利

8試合に登板し5勝0敗 防御率1.35と

第43回日米大学野球の代表候補合宿にも選ばれており

プロ入りへ手応えを掴んだかに見えましたが

プロからの指名はなく秋には調子を落としてしまいました

選手特徴

 最速154㌔のストレートにカーブ・スプリット・チェンジアップを投げます。

 ノーワインドアップから ゆったりとしたフォームで

 しっかりとタメを作ってから威力ある直球と縦スライダーが

 大きな特徴の力投型ピッチャーですね。

 体全体をしっかりと使って、帽子を飛ばしながら投げ込むフォームは

 ダイナミックさを感じます。

 しかし、制球力がやはりまだバラツキがある感じなのでこの辺りが

 どういう風に今後修正されるかが課題になると思います。

 社会人東芝に進んでからは実戦の試合数が大幅に減少していますから

 試合感覚がどうしても取り戻すのに時間がかかってしまうのが気になります。

辻コーチの存在

 北山投手を大きく成長させたのは日体大野球部の

 辻コーチの存在が非常に大きいです。

 辻コーチは中日ドラゴンズに2012年から2014年に在籍した投手で

 わずか3年間で戦力外通告を受けるも

 2015年から母校である日体大の投手コーチとして就任します。

 「選手の成長を妨げない」

 「100人選手がおれば100パターンの教え方がある」を

 モットーに大学院で2020年にはコーチング学の修士も取得している

 すごいコーチで

 ここ近年、日体大から快速球ピッチャーが多く出てきましたが

 この辻コーチの存在が大変大きいです。

 松本航投手、吉田大喜投手、東妻勇輔投手と右投手をドラフト会議

 2巡目までに指名された手腕は素晴らしいですね。

 北山投手もこの辻コーチの教えを受けていますから、

 東芝で活躍して21年ドラフトに指名されることを楽しみにしております。

◇まとめ◇

それゆけ!スカウティングレポート2021ということで

今日は社会人強豪チーム東芝の北山比呂投手について書いてきました。

コントロールに少し課題があるという事で

大学時代は指名を見送られましたが

球のチカラは物凄くある投手ですので

先発で長いイニングを投げるというよりは

短いイニングでリリーフ・セットアッパーのポジションならば

プロでも十分通用する球威はありますから、

コントロールをつけてプロで活躍してほしいなと

思うピッチャーの一人です。

せっかく松本航投手や吉田大喜投手が

プロで投げているわけですから、

北山投手も意識していないことはないと思うんですね。

今年は東芝1年目で残念ながら試合数が少なく

実戦経験があまり積めませんでしたが

今年の都市対抗から来年の社会人の大きな大会でいい成績を残して、

北山投手にもNPBに来てほしいと思います。

もしドラフトに指名されるとなると、

もちろん2位以上での指名になると思うんですが

阪神・DeNA・ヤクルトなどは試合終盤の右のセットアッパーは

欲しいところですから

是非ともリストに入れておいて欲しい選手であります。