【ドラフト1位森木投手がブルペン入り】

ベール脱ぐ怪物

2022.1.17 デイリー

阪神ドラフト1位の森木大智投手(18)=高知=が6日、鳴尾浜で初めてブルペン入りした。新人合同自主トレの第3クール初日。平田2軍監督が視察する中、最速154キロを誇る怪物右腕がついにベールを脱いだ。
 また同2位・鈴木勇斗投手(21)=創価大=、同3位・桐敷拓馬投手(22)=新潟医療大=も初の投球練習を行った。大卒の両左腕は1軍・宜野座キャンプスタートが濃厚だ。

復活なるか!?西勇輝投手がカギ

昨季、大きく期待を下回ったのが西勇輝投手だ。

24試合に先発し6勝9敗 防御率3.76

中継ぎ分業制がピークのこの時代に完投が2あるのは評価できるが、本来ならばもっと活躍できるはずだ。

阪神の先発投手陣を見渡せば、最多勝の青柳投手に秋山投手、そして伊藤将司・髙橋遥人と左腕が続き、ガンケルも2021年は20試合に登板し9勝3敗 防御率2.95と飛躍的に活躍。

もし西勇輝投手が復調しなければ、阪神の先発ローテの顔触れは大きく変わりそうな2022年だ。

西純矢投手もローテ候補

もう一人の西投手と言えば2019年ドラフト1位 岡山 創志学園から入団した西純矢投手だ。

2021年5月19日の東京ヤクルトスワローズ戦で一軍初登板初先発。

投球内容は四死球4でピンチの連続であったが5回無安打無失点の好投。

その裏の阪神の攻撃で近本光司選手がソロ本塁打を放ち3-1で勝利。

ドラフト1位の高卒投手が初登板 初先発 初勝利は球団初の快挙だった。

6月6日の交流戦、先発予定だったガンケル投手が体調不良を訴えたために 西投手が代役として先発登板したものの、3イニングで3失点と、敗戦投手になってしまいました。

しかし2022年シーズンは3年目となり、ヤクルトの奥川恭伸投手・千葉ロッテの佐々木朗希投手らと同世代である西純矢投手のブレイクは、寸前であるに違いない。

高知の怪物、ローテなるか

2022年の阪神先発ローテ競争は激しい。

青柳・秋山・伊藤将司・髙橋遥人・ガンケル・西勇輝・西純矢・そして藤浪晋太郎に及川もいる。

それに加えて大学生左腕ルーキーの鈴木勇斗・桐敷拓馬も参戦すれば、総勢十数名からの先発争いになってくる。

その中で、森木投手はぶっちぎりでデビューできるのか。

未完の大器が甲子園に登場する日を、今から楽しみにしている。

その視線、野球スコアラー

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村 野球ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

岡留英貴 投手【阪神タイガースドラフト5位】


いつもご覧いただきありがとうございます。

今年の阪神の5位指名なんですけれども亜細亜大学の岡留英貴(ひでたか)投手です。

岡留英貴(おかどめひでたか)1999年11月7日生まれ 右投げ右打ち

180㎝ 87㌔ サイドスローから繰り出す直球は威力十分で沖縄県出身

亜細亜大学からオーバースローをサイドに転向して急成長を成し遂げました。

東都大学リーグで9月16日に行われた青学との試合では5-5の同点から4回にリリーフ登板し、6イニングを球数78球 打者21人に対して被安打2 奪三振7を記録し無失点の好投を見せ勝利投手になります。

キレのいい力強い真っすぐで青学打線を翻弄しストライク先行で早いカウントで追い込みましてリズムを作ります。

春のリーグ戦では期待されながらも6試合で1勝1敗 防御率は6.39と不本意な成績になった岡留投手。

しかしその変則フォームで低い位置から肘が出る「ロースリークォータ―右腕」は貴重な即戦力のリリーバーとして阪神中継ぎ救援陣の層の厚さを増してくれることと思います。

最速150㌔のストレートにスライダー・カット・ツーシームを投げ込みます。

岡留英貴 / 亜細亜大学

基本的にはリリーフ登板が期待される岡留投手ですが9月27日の日大との試合ではジャイアンツに3位指名されました赤星優志投手と先発で投げ合いまして、8回と1/3を投げて打者29人に対して球数111 被安打4 奪三振4で1失点の好投をみせています。

今年の阪神は7回を任せられる中継ぎ投手に苦労しましたので、この岡留投手には勝ちパターンの継投の中に入ってきてほしい投手のうちの1人ですね。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村

鈴木勇斗 投手【阪神タイガースドラフト2位】


今季はサウスポー不足に悩まされた阪神でしたが、やはり上位で大学生左腕を指名してきました。

2位指名は創価大学の鈴木勇斗投手です。

鈴木勇斗投手 2000年3月17日生まれ 左打左投 174㎝ 84㌔

鹿児島 鹿屋中央(かのやちゅうおう)高校では主戦投手として力を発揮しまして3年夏の鹿児島県大会でベスト4までいきますが、甲子園出場はなりませんでしたが当時から鹿児島県屈指のサウスポーと高評価を得ていました。

創価大学進学後は二段モーションに投球フォームを変更し3年秋のリーグ戦では9試合に登板し4勝1敗47イニングを投げまして50奪三振防御率1.72と好成績を収めます。

最速152キロのサウスポーですが、変化球も魅力的でスライダー・カーブ・チェンジアップを投げ分けます。

鈴木勇斗 / 創価大学

大学3年生の時の関東地区大学野球選手権で国際武道大戦に登板し3失点12奪三振で完投勝利を記録するなどその存在感を大きくアピール。

しかし決勝では現在西武ライオンズに所属します渡部健人率いる桐蔭横浜に4-3と敗れてしまい優勝は逃しましたが1回表の立ち上がりは三者凡退に抑えるなど上々の立ち上がりを見せていました。

指にかかった真っすぐは威力十分で打者を圧倒。スタミナも十分で先発ローテーションを狙えるレベルの高いピッチャーデです。

しかしドラフト会議後の2021年11月2日に行われました関東地区大学野球選手権で神奈川大学戦の試合で先発した鈴木投手は制球力が定まりませんでした。

初回はなんとか無失点で抑えたものの、3つの四球を与えてしまい2死満塁のピンチを招きます。

そして2回のピッチングは2つの四球と味方の失策なども絡み合い4失点で5回の先頭打者に四球を与えたところで降板となりました。

チームを勝たせなければという気負いの部分が先行してしまいコントロールが乱れてしまった鈴木投手でしたが、もちろん好投していた試合も多数あるのでこれだけでは一概に評価はできません。

どちらかというとタイプ的にはDeNAの濱口投手のようなタイプかもしれません。

いい投球するときは手も足も出ないけれども崩れる時は自らの四球でピンチを招き痛打される感じでしょうか。

しかしボール自体は良いものを持っていますので、まずは開幕一軍を勝ち取って先発ローテーションの一角を担ってほしいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村